大会概要

日本放射線安全管理学会 第15回学術大会 概要

会期

  • 2016年11月30日(水)~12月2日(金)

会場

  • 岡山大学(津島キャンパス) 創立五十周年記念館
    (〒700-0082 岡山市北区津島中一丁目1-1)

主催

共催

後援

  • 岡山大学

助成

  • 公益財団法人 八雲環境科学振興財団
  • 公益財団法人 両備檉園記念財団
  • 公益財団法人 岡山工学振興会

主要日程

  • 発表申込締切:2016年8月26日 9月16日(金)延長しました!
  • 予稿原稿締切:2016年10月14日(金)
  • 事前登録締切:2016年10月31日(月)

1. 一般講演の募集

応募資格:日本放射線安全管理学会または日本保健物理学会の正会員および学生会員

発表方法:口頭発表またはポスター発表(講演申込時に選択)

発表内容:下記の放射線安全管理に関わる分野における研究成果、技術報告および活動成果

  • 1) 放射線安全管理システム
  • 2) 放射性同位元素、核燃料物質や放射性廃棄物等の安全取扱い
  • 3) 環境放射線や環境RI 汚染の測定と管理
  • 4) 放射能汚染や放射線被ばくの事例及び安全対策
  • 5) 教育訓練、社会的啓発活動、リスクコミュニケーション
  • 6) 廃棄物処理とクリアランス
  • 7) 放射線発生装置及び放射性同位元素製造及びそれらの利用
  • 8.) 放射線計測、放射能測定
  • 9) 関連法令
  • 10)その他(安全取扱い及び安全管理に携わる現場での貴重な経験等)

2. 研究発表申込方法【8月26日 9月16日(金)延長しました!】

研究発表申込は電子メールでお願いします。

第 15 回学術大会のホームページ(http//2016okayama.jrsm.jp/)に電子メール用の発表申込書(Microsoft Word 形式)が用意してあります。これをダウンロードし、1件ごとに必要事項を入力して大会事務局

(office_@_2016okayama.jrsm.jp(「_@_」を「@」に変更してください))に電子メールにてお申込下さい。電子メールの件名は「発表申込」として下さい。

3. 講演予稿原稿の投稿方法【 10月14日(金)まで】

大会ホームページ(http//2016okayama.jrsm.jp/)より講演予稿テンプレート(Microsoft Word 形式)をダウンロードし、フォーマットに従って作成したのち、電子メールに添付して、大会事務局(office_@_2016okayama.jrsm.jp(「_@_」を「@」に変更してください))までお送りください。なお、件名は「予稿原稿」として下さい。原稿フォーマットは次の通りです。

  • 1)A4 版1頁で、上下の余白を2.5 ㎝、左右の余白を2 ㎝とし、本文のフォントは10.5 ポイントとして35~40 行/頁で作成して下さい。
  • 2)上から表題、著者名、所属を日本語表記と英語表記を併用してゴシック体で記載。日本語表題は文字サイズ14 ポイント、残りは10.5 ポイント。表題と著者名、および所属の下に1行あけてください。
  • 3)本文を明朝体10.5 ポイントで、目的、方法、結果、考察が理解できるように記載してください。
  • 4)図、写真、表は本文中にペーストし、その大きさは本文とのバランスを考慮して下さい。なお、表の見出しは上方に、図、写真の見出しは下方に、本文より少し小さいポイントで記入して下さい。
  • 5)お送りいただいた原稿をそのまま印刷し予稿集を作成しますが、事務局でフォーマット上の編集を行うこともありますのでご了承ください。

4. 参加費用と事前登録の方法【10月31日(月)まで】

参加登録は出来るだけ事前に済ませて下さい。

1)事前登録者

参加費:正会員6,000 円、非会員8,000 円、学生は無料(ただし予稿集は2,000 円で販売)

予稿集:一部2,000 円、(一般参加登録者は1部無料)

懇親会:一般6,000 円、学生3,000 円

2)当日登録者

参加費:正会員7,000 円、非会員9,000 円、学生は無料(ただし予稿集は2,000 円で販売)

予稿集:一部2,000 円(一般参加登録者は1部無料)

懇親会:一般7,000 円、学生4,000 円

参加費用の送金受け取りをもって事前登録とします。ゆうちょ銀行振替用紙に(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先、(4)送金額(正会員・非会員・学生会員の別、参加費、懇親会費)を明記の上、大会事務局(番号:、名称:日本放射線安全管理学会 第15回学術大会)までご送金ください。なお、懇親会に参加しない学生の方は事前登録する必要はありません。学会誌にゆうちょ銀行振替用紙を同封しておりますので、ご利用下さい。

5. 発表方法

口頭発表、ポスター発表の詳細は、プログラム作成後にホームページでお知らせします。

6. 懇親会

大会参加者の親睦を深めるため、次のように懇親会を開催します。ぜひご参加下さい。

場所:岡山ロイヤルホテル

〒700-0028 岡山市北区絵図町2-4 TEL 086-255-1111

JR岡山駅より徒歩15分、岡山大学より徒歩15分

日時:平成28年12月 1日(木)18:30~20:30(予定)

学会誌 開催告知
日本放射線安全管理学会第15回学術大会
大会長 小野俊朗
日本放射線安全管理学会第15回学術大会を次のように開催します。皆様、奮ってご参加くださいますよう案内申し上げます。
主 催:(一社)日本放射線安全管理学会
共 催(予定):日本保健物理学会、放射線安全フォーラム、岡山大学自然生命科学研究支
援センター
会 期:平成28年11月30日(水)~12月 2日(金)
会 場:岡山大学創立五十周年記念館 〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号
発表申込締切:平成28年 8月26日(金)
予稿原稿締切:平成28年 10月14日(金)
事前登録締切:平成28年10月31日(月)
大会ホームページ:http//www.2016okayama.jrsm.jp
大会事務局:〒700-8558 岡山市北区鹿田町2丁目1-1
岡山大学自然生命科学研究支援センター光・放射線情報解析部門内
日本放射線安全管理学会 第15回学術大会実行委員会事務局
Tel:086-235-7497、Fax:086-221-2270、E-mail:office@2016okayama.jrsm.jp
ゆうちょ銀行振替口座番号:01360-7-104741
加入者名称:日本放射線安全管理学会第15回学術大会
1. 一般講演の募集
応募資格:日本放射線安全管理学会または日本保健物理学会の正会員および学生会員
発表方法:口頭発表またはポスター発表(講演申込時に選択)
発表内容:下記の放射線安全管理に関わる分野における研究成果、技術報告および活動成果
1) 放射線安全管理システム
2) 放射性同位元素、核燃料物質や放射性廃棄物等の安全取扱い
3) 環境放射線や環境RI 汚染の測定と管理
4) 放射能汚染や放射線被ばくの事例及び安全対策
5) 教育訓練、社会的啓発活動、リスクコミュニケーション
6) 廃棄物処理とクリアランス
7) 放射線発生装置及び放射性同位元素製造及びそれらの利用
8) 放射線計測、放射能測定
9) 関連法令
10)その他(安全取扱い及び安全管理に携わる現場での貴重な経験等)
2. 研究発表申込方法【 8月26日(金)まで】
研究発表申込は電子メールでお願いします。
第 15 回学術大会のホームページ(http//2016okayama.jrsm.jp/)に電子メール用の発表申込書(Microsoft Word 形式)が用意してあります。これをダウンロードし、1件ごとに必要事項を入力して大会事務局
()に電子メールにてお申込下さい。電子メールの件名は「発表申込」として下さい。
3. 講演予稿原稿の投稿方法【 10月14日(金)まで】
大会ホームページ(http//2016okayama.jrsm.jp/)より講演予稿テンプレート(Microsoft Word 形式)をダウンロードし、フォーマットに従って作成したのち、電子メールに添付して、大会事務局(office@2016okayama.jrsm.jp)までお送りください。なお、件名は「予稿原稿」として下さい。原稿フォーマットは次の通りです。
1)A4 版1頁で、上下の余白を2.5 ㎝、左右の余白を2 ㎝とし、本文のフォントは10.5 ポイントとして35~40 行/頁で作成して下さい。
2)上から表題、著者名、所属を日本語表記と英語表記を併用してゴシック体で記載。日本語表題は文字サイズ14 ポイント、残りは10.5 ポイント。表題と著者名、および所属の下に1行あけてください。
3)本文を明朝体10.5 ポイントで、目的、方法、結果、考察が理解できるように記載してください。
4)図、写真、表は本文中にペーストし、その大きさは本文とのバランスを考慮して下さい。なお、表の見出しは上方に、図、写真の見出しは下方に、本文より少し小さいポイントで記入して下さい。
5)お送りいただいた原稿をそのまま印刷し予稿集を作成しますが、事務局でフォーマット上の編集を行うこともありますのでご了承ください。
4. 参加費用と事前登録の方法【10月31日(月)まで】
参加登録は出来るだけ事前に済ませて下さい。
1)事前登録者
参加費:正会員6,000 円、非会員7,000 円、学生は無料(ただし予稿集は2,000 円で販売)
予稿集:一部2,000 円、(一般参加登録者は1部無料)
懇親会:一般6,000 円、学生3,000 円
2)当日登録者
参加費:正会員7,000 円、非会員8,000 円、学生は無料(ただし予稿集は2,000 円で販売)
予稿集:一部2,000 円(一般参加登録者は1部無料)
懇親会:一般7,000 円、学生4,000 円
参加費用の送金受け取りをもって事前登録とします。ゆうちょ銀行振替用紙に(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先、(4)送金額(正会員・非会員・学生会員の別、参加費、懇親会費)を明記の上、大会事務局(番号:、名称:日本放射線安全管理学会 第15回学術大会)までご送金ください。なお、懇親会に参加しない学生の方は事前登録する必要はありません。学会誌にゆうちょ銀行振替用紙を同封しておりますので、ご利用下さい。
5. 発表方法
口頭発表、ポスター発表の詳細は、プログラム作成後にホームページでお知らせします。
6. 懇親会
大会参加者の親睦を深めるため、次のように懇親会を開催します。ぜひご参加下さい。
場所:岡山ロイヤルホテル
〒700-0028 岡山市北区絵図町2-4 TEL 086-255-1111
JR岡山駅より徒歩15分、岡山大学より徒歩15分
日時:平成28年12月 1日(木)18:30~20:30(予定)
7. 学術大会会場へのアクセス
【最寄駅から会場まで】
JR岡山駅下車、岡山駅西口(22番乗り場)から岡電バス「47岡山理科大学」行で「岡大西門」下車すぐ(約8分)、「岡山理科大学臨時便」も「岡大西門」に停車します。
※お車でのご来場はご遠慮ください。